女子必見

そうです。避けては通れない・・・アレですw 普段のバックパックならまだしも、ロングトレイルとなるとそんなに都合よくはずれてくれるわけもなく、現地の状況もわからないし・・・実際どうなの?と私が一番疑問でしたw

世の中にはお薬を使ってずらすという方法もあるようですが、それはなるべくしたくないという方のためにこのコーナーを設けました。 いろんな方に教えてもらったこと、私自身も経験してみたことをご紹介させていただきます。

 

とにかくお伝えしたいのは、大丈夫です!!!ということ。

なんとかなります!笑 

 

要はゴミの処理と、血のにおい。ですなw

ロングトレイルとはいえ、食料補給はする訳ですから行程にもよりますが1週間~10日に1回ぐらいはゴミが捨てれるところに来ます。それまでしっかりしたジップロックに入れて、寝るときにはベアキャニスターに入れておけば大丈夫。食べ物と一緒に・・・と思うけど、こっそりちゃっかり入れましょう。あと、テントの近くで(これは生理中じゃなくてもですが)おトイレは危険です。血のにおいにつられていろいろ来ちゃいます。

もしも汚れてしまって、どうしても水洗いしないといけないときは、川や湖で直接洗うのではなく、携帯バケツで水を汲んできて洗います。そして、排水はレギュレーション通り。トレイル・テントサイト・水場からそれぞれ30m離れたところで行いましょう。極力排水が少なくすむように、重曹を少し用意しておき、一晩ジップロックに水と一緒につけておけば何度もすすぎ洗いしなくても血の汚れはかなり落ちます。

 

ゴミを減らすことを考えるとオーガニックのお店などに行けばプラスチックの部分がないタンポン(コットン固めたものに紐がついてる感じ)を売ってますが、個人的には使い慣れているものでもいいのでは。と思います。なぜならプラスチックの注射みたいなのがついてないタンポン、入れるときに手が血まみれになる可能性が・・・あまりきれいとはいえない手で直接触れるより、衛生的にも安心です。もちろん、プラスチックの部分を捨てれるところに来るまで持ち歩くのであれば。という前提ですが。

 

あと、教えてもらったあると便利グッズはサニタライザー。除菌ジェルみたいなの。携帯用の小さいのが売ってるのでかさばらないし、衛生的にも安心。ファーストエイドの時にも使えます。

 

実は最初に考えたのは布のナプキンを使うという方法。

ゴミが出ないし、 洗えば何度も使えると思って、これがいいかも。と思ったのですが、私にとっては現実的ではありませんでした。使い慣れてないから気持ち的に不安ってのもありましたが。

まず、そんなに簡単に排水(しかも血と一緒に)できないということが一番大きい理由です。そこをクリアできて、なおかつ布の方が使いなれている、などの理由があれば試してみる価値はあると思います。

 

ちなみに、北から南ルートだと最後におトイレ禁止エリアがあるので、ここは一人ひとつ携帯おトイレを持ちます。  ホイットニー登頂前後はあまり隠れるところがなくて、ハイカーも多いから女子にはおトイレしづらいと感じることもあるかも。トゥオルミーの手前のくだりも。デイハイカーが下からいっぱい上がって来れるところは要注意です。慣れるし、いざとなったらどうにかできるけど、やっぱり前もってわかってたらよかった。ってこともあるので、プチ情報でした。

 

どんなパーティで行くか、全工程どのように組むかにもよりますが、どんな状況でも大体自分の周期が決まっている方、生理痛がひどい方はできればその旨を行程を決める際に相談してもいいのでは。

たかが生理、されどやっぱり女子には大きな問題だと思います。

おトイレ事情も然り。些細なことかもしれないけれど、山に行かれる方にとっては当たり前のことばっかりかもしれないけれど、私みたいな不安を抱えていらっしゃる方がどこかにいるかもしれないと思い、敢えて書かせていただきました。